ダンスを極める

ダンスの衣装をきめるにあたって

ダンスで発表をするという局面になった時に必ず考えなければならないのが衣装です。
もちろん踊りの構成や技術力はもちろん大事ではあるのですがどんな格好で踊るのかというのも非常に大事です。
なぜならもし曲と衣装のイメージが合致していなかった場合どれだけ技術力があっても何かしっくりこない感じを観客に与えてしまうことになります。
ですのでどんな格好で踊るのかというのは非常に大事となってきます。
ダンスの衣装を決める際に必要なこととしては曲のイメージと服装をしっかり合わせるということです。
それを可能にするにはとにかく発表で使う曲を聞き込むことに限ります。
しっかり心をこめて何度も曲を聞いていれば次第にその曲のイメージカラーが浮かび上がってきてそれが服の色の決定につながってきたりします。
チームで踊ったりする場合色を統一したり、格好も統一したりするとダンスの演技中でも一体感がまして観客に感動を与えることができていい結果を生み出すことにつながります。

子供がダンスをしていたら衣装は大変ですね

自分の子供が創作ダンスなど、素敵な振り付けで踊って毎日、汗をかいて帰ってくるのは親として、結果が楽しみなところでですね。
ダンスの発表会にそなえて、また選考会などコンクールに備えて、衣装は準備しなければなりません。
さて、仲間の親たちと、ダンスのコーチとの打ち合わせから始まります。
どんな素材、生地にするかどんなデザインかなどと、そうしてそれを着て動きやすくなければなりません。
衣装にあわせて、靴もバレエシューズも色によっては揃え直す事も有り得ます。
基本的にベースとしてレオタードをきてそれに、色々な生地などを付けて形にします。
レオタードは伸縮性がありますので、子供本人に着用してもらって、その上で仮縫いをしましょう。
ミシンを活用して、飾りが多いほど、計画的に縫っていきたいもの。
全体のイメージを常に頭にいれて、作っていくのです。
子供が面倒臭がっても何度も試着してもらいましょう。
他の人と同じデザインであるならば、常にそれを作成中の親御さんと見せ合って確認するようにしましょう。
いずれにせよ、我が子の晴れ舞台に向かって、そのために衣装作りも頑張りがいがあるものです。

Favorite

タオバオ代行
http://free-trade-business-club.com/

Last update:2016/11/2

copyright(c) 2015 ダンスを極める all rights reserved.